体育会系AB型主婦 
by ふくちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
東京散歩 ~Edo à Tokyo~ sanpo
a0098859_23594429.jpg

            朱色の鳥居がとても印象的な根津神社
            そこは文京区、東大近くのとても静かな場所にありました。

            カメラを持って東京散歩の第3弾は根津、谷中。
            ちなみに第1弾は神楽坂。第2弾は御茶ノ水

     もちろん、今回も散歩の目的は"自分の知らなかった東京を発見"すること。
     タイムリミットはお迎えまでの約3時間半。さぁ、どこまで行けるでしょうか?

a0098859_14502382.jpg

「根津神社」は伊藤まさこさん著の「東京てくてくすたこら散歩」の中でも特に私が興味を持った場所で、以前から行ってみたかった場所の1つなのです。

以下、パンフレットによると、
創建はいまから1900年前、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)によるものだとされており、徳川5代将軍綱吉が現在の地に建てたそう。また、権現造の傑作とされており、社殿7棟が国の重要文化財に指定されている。

でもでも、、、その肝心な社殿、楼門の漆塗りが修理工事中でした。emoticon-0107-sweating.gif
a0098859_14413712.jpg

     本殿も桜門もシートで覆われていてその姿を見ることができません。
a0098859_15374431.jpg

                     うぅ、残念。



a0098859_15413241.jpg

     でも、境内「乙女稲荷神社」の方はしっかりとお参りすることができました。
     こちらは、伊藤まさこさんの本でも紹介されていた場所。

a0098859_1622566.jpga0098859_1624478.jpga0098859_1645642.jpg











a0098859_16291623.jpga0098859_16294968.jpga0098859_16301617.jpg












     平日の午前中ということもありほとんど人がおらず、静かで厳かな感じ。
     一瞬、都会の中にいることさえ忘れてしまうくらい、ここだけが別世界。
a0098859_1255542.jpg

            幻想的で神聖な雰囲気に包まれていました。



a0098859_23572161.jpg

         この日は冷たい風が吹くとても寒い日だったのですが、
         境内の梅の花はもう咲き始めていました。
         春はもうすぐ。





               さてさて、散歩は谷中方面へと続きます。

a0098859_1027747.jpga0098859_10345497.jpga0098859_15244293.jpg











歩いていると面白い発見がたくさん。世界で最も有名な日本の旅館とも呼ばれ、宿泊者の9割が外国人観光客という「澤の屋」もこの谷中にあるのですが、旅館の脇にあった自動販売機がこれぞニッポン!というような折鶴の模様でした。
また谷中は猫町としても有名。「谷中猫町巡りマップ」なるものもあるぐらい、小路には猫がたくさん。猫がキャラクターのカフェや雑貨屋さんなんかもありました。
そうそう、夏目漱石の「我輩は猫である」の舞台としても有名。

お次はこちら・・・
a0098859_15372882.jpg

        「旧吉田屋酒店」 台東区有形民俗文化財に指定されており、
        上野にある下町風俗資料館付属の展示場となっています。
        入場は無料です。
a0098859_15502927.jpg

江戸時代から昭和60年まで酒屋を営んでいた吉田屋。お店の中にはその当時使われていたであろうのポスターや量り、ビール瓶に樽、袋までたくさんの展示物がありました。

a0098859_15502993.jpga0098859_15542170.jpga0098859_15513325.jpg











        この古い建物がまた谷中の町並みに上手く溶け込んでいます。
a0098859_1671282.jpg

        今でも立派な酒屋さんとして営業してもおかしくないと思うけどな。


        この吉田屋の横にはこれまたレトロな喫茶店。
a0098859_1694134.jpg

        「カヤバ珈琲」残念ながらこちらは只今休業中でした。
        伊藤まさこさんの本によれば・・・
        「さくらんぼがちょこんとのったミルクセーキがおいしい。」
        のだそう。飲んでみたかったな。


この根津、谷中方面には千代紙の版元として有名な「いせ辰」や、200年続いたという元お風呂屋さんが現代アートのギャラリーになっている"SCAI THE BATHHOUSE”などまだまだ興味のある場所がたくさん。また時間を作って散歩してみたいと思います。
そう、カメラと一緒に。
[PR]
by mamanblog | 2009-02-08 23:53 | おでかけ
<< 金太郎飴 根津のたいやき >>