体育会系AB型主婦 
by ふくちゃん
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
全国高校サッカー選手権
a0098859_1045052.jpg

           準決勝2試合目「滝川第二VS立正大湘南」を見に行きました。

島根県勢初のベスト4進出!という事でどうしても国立で応援したかったのですが、はねつき大会と重なってしまい、サッカー観戦は諦めていたのです。
でもはねつき大会が思ったよりも早く終わった事と、前の試合「久御山vs流通経済柏」がPK戦までもつれて、湘南の試合開始時間が遅れるだろう。これはまだ間に合うかも!という事で急遽国立に向かうことにしたのです。

a0098859_101429.jpg

大江戸線、国立競技場駅を下り、地上へ出るとすぐ応援の声が聞こえてきました。
はやる気持ちを抑え、自由席の当日券を買って競技場内へ。
各校の応援席のある指定席S席は完売。自由席はまだまだ余裕がありました。
a0098859_1621754.jpg

           スタジアム前方、ゴール右裏の席に座りました。

a0098859_1023615.jpg

a0098859_682374.jpga0098859_685498.jpg








席に着いたのが前半15分を過ぎたところ、湘南ゴールは滝川第二の怒涛の攻めに合っており、その度に湘南のゴールキーパー三山選手が好セーブを連発。

a0098859_16233662.jpg

湘南ベンチは冷や冷やドキドキもの。
姉さんたちも「きゃぁー!!やめてー!!」の連続。
立正大湘南はロングボールを多用し攻撃を仕掛けるも前線にパスが繋がらず、
結局0-0のまま前半終了。


a0098859_7105279.jpg

サッカー観戦デビューのやっくん。なぜかずっとビデオカメラを離しませんでした。笑

a0098859_16242474.jpg

後半に入ると立正大湘南も速いパスで展開し、FW加藤、池田のドリブルで突破を図る。
攻守の切り替えが早く、緊迫した好ゲームを展開。
あっという間の45分間。
特に最後の5分間には2回ぐらい勝利を確信した瞬間が訪れました。
しかし、いずれもゴールポストの外。。。。。。
そのままお互いに決定的チャンスをモノにできず勝負はPK戦へ。
a0098859_16161455.jpg

キッカーが蹴る瞬間、スタジアムが一瞬シーンと静まり返ります。
この瞬間は見ている私たちも思わず息を止めてしまいます。

2回の蹴り直しがあったり、外したり、ナイスセーブをしたり・・・
お互いに2回ずつ外し、6-6。専攻の滝川第二の9人目が決め次は湘南の9人目。
a0098859_22451539.jpg

蹴ったボールがゴールポストの脇に外れた瞬間、試合が終わりました。





a0098859_2250510.jpga0098859_22501714.jpg









  ワールドカップの時もそうだったけど、PKって、何て残酷なんだろう。。


a0098859_237350.jpg

同じくPK戦で破れ3位になった流通経済柏との表彰式。
あと一歩のところで敗れ去った両校。
それでもベスト4。
彼らにとって夢の国立で試合を出来た事。それ自体が素晴らしいと思う。



a0098859_15201565.jpg

        最後の最後まで夢を見させてくれた立正大湘南イレブンに感謝!





ベスト8、PK戦で惜しくも敗退し夢の国立まで一歩届かなかった関西第一高校。
試合後のロッカールームで泣き崩れる選手に向けた佐野監督の言葉。

いつも負けずに勝ち続けることなんてありえへん。
勝負の世界でずっと勝者の側に居れる事なんてないわけや。
むしろ負けて負けて負けて何かを掴むやろうから
それでエエん違うかな。


ストレートに心に響く素敵な言葉。





我が子達にもいつかこんな素敵な高校生活が来るといいな。
[PR]
by mamanblog | 2011-01-15 00:22 | おでかけ
<< イナビル 新春はねつき大会 >>